■2015/6/7新馬戦14番6人気1着

2着ブレイブスマッシュはサウジアラビアRC4人気1着
0.7差3着シトロンは次走未勝利抜け、ダリア賞3人気7着、新潟2歳1.5差10着、アスター賞メジャーエンブレムと0.5差3着、サウジアラビアRCブレイブスマッシュと0.5差6着
0.8差4着スターオブペルシャ3戦目未勝利抜けアイビーS4着
7着グリマープリンセスは福島2歳13着
8着ハートイズハートは次走未勝利抜け

完勝といっていいか。出遅れもペースの遅さもあって直線では大したロスにならない位置に。直線入り口で勝ちを確信しているような手ごたえで、徐々に伸びて軽く差し切り。
ブレイブスマッシュが一定の地力を保持していることを本レースと次走以降で見せていること、そして並びがほぼ変わっていないことからも、地力どおりに決まったレースとみてよさそう。
となれば、ブレイブスマッシュとの地力差は証明されており、重賞レベルにはある。
けれど、外枠から出遅れた不利がそこまで影響しないレースだったと思うので、この相手なら3着以下とくらべると抜けているといえるくらいで圧倒上位はまだ疑問。

レース後コメント
1着 ロードクエスト(M・デムーロ騎手)
「追い切りの動きがすごく良く、期待していましたし、スタートが良くないことも聞いていました。手応えはすごかったですし、強かったですね。まだ2歳馬ですし、距離はこれくらいがいいと思いますが、もう少し長くても大丈夫です」
(小島茂之調教師)
「ゲートは良くないので、今日は思っていたよりもいいスタートでした。調教で色々なことをやってきましたし、直線に入り、人気馬の後ろにつけたところで勝てると思いました。いい意味で予定通りに走ってくれました。この後は間隔を空けて、馬の様子を見て、オーナーと相談して、新潟か札幌(2歳S)へ向かいたいと思います」
【メイクデビュー】(東京5R)~ロードクエストが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/8/30新潟2歳ステークス2番1人気1着

0.7差2着ウインファビラスはアルテミスステークス5着、阪神ジュベナイル10人気メジャーエンブレムと0.3差2着。
1.0差3着マコトルーメンはサウジアラビアRC6人気10着、百日草特別2人気プランスシャルマンと0.7差5着。
1.0差4着ペルソナリテはダリア賞1着、阪神ジュベナイル6着
1.2差5着芙蓉S0.6差3着、きんもくせい特別3着、ひいらぎ賞5着
1.2差6着ヒプノティストはアイビーS3着、葉牡丹賞2着
1.4差8着はルグランフリソンはくるみ賞ショウナンライズの2着、からまつ賞0.2差2着

いやはや圧勝。再度出遅れ最後方追走も、内枠が荒れていたこともあり団子のレースでも直線道はあった。とはいえ、他馬が避けた内枠から外よりに出す必要があったにもかかわらず余裕で突き抜けた強さは圧巻。2着馬が阪神ジュベナイルで2着に入ったことにより大いに価値の上がった勝利。
ただ、ウインファビラスはメジャーエンブレムとは結構差があったと思っていて、それを考えるとこのメンツ相手の勝利は新馬戦の結果だけでも妥当といえるともいえる。
強い勝ち方なので無視は当然できないが、強力な先行馬がいるレースで見てからという結論にしておきたい。

レース後コメント
1着 ロードクエスト(田辺裕信騎手)
「正直びっくりしました。何かアクシデントがなければ負けることはないと思うくらい余裕を持って直線に向きました。ゲートの出はよくない方なので、急かしてリズムを崩すより出たなりで進めました。馬場についてはわかりませんでしたが、調教からパワフルな走りをしていたので、道悪も向いているかもと思っていました。折り合いも問題なく、距離ももつと思うので視野は広がると思います」
【新潟2歳S】(新潟)~ロードクエストが4馬身差で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

ホープフルステークス。
この馬が朝日杯ではなくこちらに出てきたということは、勝負は春ということ。
陣営も新潟2歳前にクラシックを意識したコメントを出しており、地力へのかなりの信頼は見える。
ただ、クラシック通用はまだ確定していないと思う。ここ2戦は決して地力低い相手ではなかったのは間違いなく、むしろレベル高かったともいえるが、相手レベルがあまり変わっておらず、強さみせつつも横の比較ができないメンツだったと考える。
また、出遅れが痛手にならないレース展開だったのは間違いないので、圧倒的な強さは見せてきているが、春通用か否かはこのレースをみてからとしたい。
圧倒的な強さは見せているが先行陣営に一定の地力馬がいたらつけ入るスキはあるのでは。
人気ブログランキング