一頭ずつ見ていったが、どうも力関係がはっきりしない。ゆっくり見たかったが、時間的にそうもいかなくなったので、事前の直感通りで行くかと。

超いいメンツが揃いながら凡レースとなった桜花賞と違って、大半の馬が力を出し切る形になれば、良馬場でリアルスティール、ドゥラメンテ、ダノンプラチナ。馬場が渋ればブライトエンブレム、サトノクラウンのどれかが勝つだろう。
という人気馬しか上げられない状態。そして現在の馬場状況であれば前者組にかけるのが間違いなさそうではあるが・・・オッズをみていると力出し切れない方向に賭けてみたいところ。

現在単勝1人気はサトノクラウン。
昨年末から序列が大きく変わった牡馬戦線。
東スポ杯でサトノクラウンの2着であったアヴニールマルシェはミュゼスルタンに迫ったということもあり、十分にクラシック通用の地力保持と思っていたが、共同通信杯でリアルスティール&ドゥラメンテに完敗した。
もちろん1戦で見限れる馬ではないが、東スポ杯の3着以下の馬もその後案外であり、相手比較では評価しづらいものになっている。
強敵が揃った前走弥生賞で強い競馬を見せているが、馬場が渋ったことがプラスに働いての勝ちだとすると、ここで1人気で中心視するのは若干疑問。
弥生賞の内容から同様のレースであればブライトエンブレムに劣りそうだし、弥生賞以外の2走では東スポ杯の相手関係が緩いとすると良馬場でどこまでやるかが不明。
中山2000を経験しているのは大きな強みも、1番人気では手が出ない。

2人気はリアルスティール。
サトノクラウンほどの馬を差し置いて福永騎手がこちらに乗るというだけで、この馬の魅力は十分か。
デビュー2戦目で共同通信杯を勝つ離れ業を成し遂げ、レース内容関係なく強いのは明らか。
前走は馬群の中を選択し道中動かないでラストのラストで勝負する形で届かずと、外に出すタイミングなかったのかな?という若干疑問符がつくレースだったものの、このレースの目的はダノンプラチナの地力を測るというものだったんだろう。
距離も問題なさそうと特に問題なく良馬場であれば大敗は見えない。
ただ、共同通信杯はドゥラメンテを上に取りたいし、スプリングステークスでのダノンプラチナはここを見ての試走であった。現段階でドゥラメンテが少し差がある3番人気、ダノンプラチナが5人気であれば人気馬中心で馬券構成をしないのであれば、こっちの2頭の方が魅力的。
桜花賞で残金不足の私としては当然この馬は買いづらい。

3人気はドゥラメンテ。
相手比較の点からは評価しづらい馬。賞金微妙で皐月賞出走もどうかというラインだったが、怪我等で回避馬が多く結局は余裕で出走となった。
共同通信杯は重賞勝ち馬ゼロのレースではあるが重賞でそこそこやってきた面々であって、そこでリアルスティールに負けたものの他の馬には地力差をみせて勝ち、そのリアルスティールよりも内容は上だと思う。リアルスティールがメンツレベル高いスプリングステークスでほぼ勝ちのレースをしていることからドゥラメンテの地力は疑いようがないとはいえる。
地力最上位で良馬場で力出し切れればまず勝ち負け。ただ、皐月賞出走も危うかった位置にいたわけで、前走を余裕を持って臨めた立場ではなかった。そこをどうみるかといったところ。

4人気はキタサンブラック。
前走でリアルスティール、ダノンプラチナ、ベルーフに勝っての参戦で一気に本番も人気馬の一角に。負けていない未知の魅力は大きいもののそれでの4番人気では買いの要素はないとみる。
前走への勝負度合いは上3頭とは全く違うものであったわけで、少なくともダノンプラチナよりこの条件で評価されている現状では魅力ない。
きても後悔なしの無視。

5人気はダノンプラチナ。
朝段階でぱっとオッズを見たときは6人気でなめられすぎと思ったが、ドゥラメンテより人気になる形は戦績からは難しいか。
前走は完全なる試走であり、無視していいレース。リアルスティールが本番で強敵とみていた騎手距離を意識しつつ本番でどう乗ったら先着できるか試したといったところだろう。
そういう意味でも間隔あいて一走叩いたここは前走より期待できるのは間違いない。
朝日杯も内容悪くなくメンツからもレベルは高いものの、このレースを評価するのであればどう考えてもクラリティスカイの方を買いたくなる。
おさえまで。


馬場が渋ればブライトエンブレムとサトノクラウンが圧倒すると思うが、良馬場発表。
馬柱上はドゥラメンテ&ダノンプラチナに勝ったリアルスティール、そのリアルスティールに先着したキタサンブラックという構図だが、それぞれの勝負度合いは全く違うもので、一番余裕があったのはダノンプラチナのはず。
そういう意味でここではダノンプラチナを上位にとるが、ただそうするとオッズ的にはクラリティスカイが俄然魅力的に映る。

桜花賞で大きく減った残金もあるし、ここは大荒れを狙ってみたい。

コメートがおもしろい。
最近のレースを見ても、ぱっと見の事前予想と変ることはなく・・というよりこの馬から買おうと思ってレースをみていたので、この馬の可能性ばかりが見えてしまった。
ミュゼスルタン&シャイニングレイ比較で良馬場で展開向けば一線級にもなんとか指先がかかる地力保持はまず間違いない。普通に走ればもちろん足りないが、このレースではハナにたってレースを進められる可能性が高い。
これまでのレースをみてもどのレースでも枠関係なくスタートよく先行できていて、ハナにたつのは難しくなさそうなメンバー構成。
桜花賞があるので前が楽な形にならないと思われるが、ハナにたってペースを作る立場で進められれば馬券内に残る力は十分ある。

次はクラリティスカイ。
ダノンプラチナ比較で良馬場で見直せる。

荒れを狙うのでひも相手は多目で。
人気馬からはドゥラメンテ、ダノンプラチナ。
安定馬が人気落としたときは拾うのが常道のベルーフ。
昨年末の自分の直感を信じてミュゼエイリアン。最終的に出走に踏み切ったということは何らかの勝算があってもいい。
そして前走試走明言で大外ぶん回しで届かなかったものの強いのは間違いないブライトエンブレムを拾う。

◎コメート

○クラリティスカイ

△ドゥラメンテ、ダノンプラチナ、ベルーフ、ミュゼエイリアン、ブライトエンブレム
人気ブログランキング