ショウナンアデラ離脱により、ココロノアイのオッズ的魅力がどんどんなくなっていく…

フィリーズレビュー。
前走後、ルージュバック、ショウナンアデラ、ココロノアイ、レッツゴードンキに割ってはいる地力である可能性が本当に出てきたとした、クイーンズリングがまさかここにでてくるとは思わなかった。

他馬との使い分けなのか、相手関係からなのかわからないが、ここに出走するからには、本番での勝利というよりまずは是が非でも権利取りといったところか。どうあれ、確実に本番への出走権は取れると陣営が踏んでいるのは間違いない。
事実チューリップ賞よりは相手関係は相当楽だし、そこを避けるとレース間隔を考えるとここしかないのかなあ。ここ2走の内容からも、1番人気は仕方ないとは思う。
ただ、距離短縮で、再度外枠に入り、かなり難しい条件での戦いをしいられそう。
個人的にはここを圧勝して、本番2番人気でとぶという形を期待するが、ここだけを考えると、この馬に賭けるには不安が多すぎる。

ここでもかなり有力なラッフォルツアートの陣営から、本番はチューリップ賞組だろうからここ勝負といったコメントも出るほど、距離に魅力を持って全力勝負してくる馬が多く、条件むかない中それらを圧倒できる地力かといわれると、危うく、1番人気では手が出ない。


明らかにこのレース向きの馬がいる。

レオパルディナがおもしろい。
新馬戦完勝を受けて、以降は全レースを阪神ジュベナイルのために消化してきた馬。
外枠でもあり、決して悪い内容ではなかったが、マイルでの地力差ははっきりとし、正直桜花賞では上位と差があると思う。
それを踏まえてのここ。
これまでのように控える選択はせず、前につけて勝ちにくる競馬をするはず。
条件揃ったなか、一定の地力を持つ馬が勝ちにくる。
無視できるはずがない。

◎レオパルディナ

人気ブログランキング