■2014/10/11新馬1番6人気1着


若干出負けで中団後方内目につける。新馬戦らしいスロー一団のレースになったが、いける限り位置取りをあげ、直線入ってからも前があかず出すに出せない。前3頭が抜けて2番手と空間ができた残り200メートルあたりから仕掛けてぎりぎり間に合ったというレース。
レース後騎手が結果よりも・・と言っているのは決して嘘ではなく、直線の乗り方に絶対にこのレース勝つというものは感じなかった。それでも勝ったのは評価できるが、4着馬のみ未勝利抜けの低調面子が相手。地力証明はされていないとみてよさそう。

レース後コメント
【メイクデビュー】(東京4R、5R)~オメガハイヌーン、キャットコインが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 キャットコイン(柴田善騎手)
「上手に走ってくれました。今日は結果よりも落ち着いて競馬が出来るかがポイントでした。そこが大きいですね。それでもすごい脚でしたね」

人気ブログランキング

■2014/12/21ひいらぎ賞14番8人気1着

0.2差2着アドマイヤピンク。
0.3差3着ロッカフラベイビー。

スタート悪くなかったが、スタートダッシュ力なくまた外枠であったため、後方外目追走。
ハイペースで進む中、最後方からずっと外をまわって直線。直線半ばでは抜け出していた。

見た目のインパクトは強いが、道中後方の馬が上位を占めるレースで、流れ向いたといえそう。
ただ、外を回されたコースロスはあり、ラストで同様に道中後ろからで競馬した2、3着馬をもう一伸びして離しているのは十分に評価できる。

クイーンカップ。人気するなら無視から入るのが妥当だと思う。地力証明はなされておらず、未知の魅力はたぶんにあるが、その魅力は人気すると相殺されてしまう。未知の人気馬と過剰人気馬が馬券に絡んで負けても後悔なしのスタンスの自分は全く魅力感じない。
ひいらぎ賞後、この馬を強かったと評した2着馬騎乗の丸山騎手。その2着馬アドマイヤピンクは次走春菜賞でしっかり0.7差負けになっている事実も重く見たいところではある。

レース後コメント
【ひいらぎ賞】(中山)~キャットコインが外からまとめて差し切る | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 キャットコイン(柴田善臣騎手)
「初戦は窮屈でしたが、今回は外に回して、のびのびと走っていました。グイグイと伸びてくれましたし、自分も気持ちがよかったです」
(二ノ宮敬宇調教師)
「神経質な馬で、1回使うと体が減ってしまいます。早い時期か遅い時期のトライアルでもう1回使いたいと思いますが、様子を見ながら考えます」

人気ブログランキング