競馬を見ていておもしろいのは、人気薄のそのレースまであまり結果を出せていない馬が、人気良血馬に勝った時。
それが見たくて競馬を見ていると言っても過言ではない。
もちろん競走馬としてレースに出走できているだけでエリート言ってしまえばその通りなのだが、その中でも弱者が強者を根性で倒すっていう画が好きでたまらない。
期待されていない馬が結果を出す。ああ、たまらない。

学生のころ、生活費や学費を競馬で稼いでいた時は数十万の勝負をしていた時もあって、そういう時は基本的に5番人気以内の馬を買っていたし、今でも複勝でがっつりいくときは基本は5番人気内の馬を選ぶけれど、
数千円の勝負であればやっぱり人気薄の馬を最低1頭は入れて、その馬が人気馬に勝つところに期待してしまう。

そういう意味で、ホープフルステークスで買っておきたい馬がいる。

ジャジャウマナラシ。

兵庫ジュニアグランプリで単勝万馬券を演出した馬。
「へーすごいなー」くらいだったのだが、映像を見て感動した。
コーナーでの間を抜けてくるその根性に。
騎乗的に正しいかどうかは置いておいて、とにかくこの根性たまらない。騎手も馬も。

トーセンラークが3着になったレースで、陣営がこの結果を見てダート適性もあるとコメントするということは、トーセンラークがスムーズではなかったとはいえ、着差を考えると、ジャジャウマナラシも芝でも同様の地力を発揮できれば中央オープンクラスでも通用する!
・・・なんてことは言えないけれど、こういう馬が勝つとおもしろいなと思う。
連戦連勝の圧倒的強者がかっこよく勝ち続けるっていうのが好きな人はいっぱいいるけれど、この手の馬が勝つところを見たい人も多いと思うんだよなあ。まあ、そういう人も馬券は買わなかったりするんだろうけれど。
ただ、ここは2歳戦。何があるかなんてわからない。来たらすげえ後悔するだろうから一応、買っておく。

人気ブログランキング