3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

◎アドマイヤガスト 勝負はここか!【若駒ステークス2015予想】

去年のトゥザワールドはじめ、少頭数のレースになることが多いにもかかわらず、クラシック活躍馬を多く輩出している注目のレース。
圧倒的1人気になってもおかしくなかったシュヴァルグランの出走取り消しにより、一気に混戦模様になった。 ヒルノマレットグランアルマダが出走しないということで、週中にあまりチェックできなかったが、この中にクラシック戦線活躍馬がいるかどうか。2頭が出走しないのであれば、レース傾向から将来性のありそうな馬を狙いたい。

現在1人気はアダムスブリッジ
基本前走だけで買いたくなる馬ではない。
和田騎手の新馬戦とは全然違うというコメントを重く見るには人気しすぎている。無視。

2人気はストーンウェア。
新馬戦で500万下掲示板連戦のフミノムーンに0.2差。新馬戦、未勝利ともに直線入り口では後方も一気に延びて上がり最速でまとめてさしきった好内容。
少頭数のこのレースはこの馬にとってやりやすいものになりそうだし、将来性も感じるこのレース傾向に非常に向いていると思われる馬の1頭。素直に評価。

3人気はジャズファンク
野路菊ステークス、ひいらぎ賞共に軽視していい敗戦ではあり、当レース出走馬では最も地力証明がされているとはいえるが、将来性を見るには戦歴に傷がつきすぎているのは気になる。


再度アドマイヤガストで勝負する。
前走福寿草特別は勝負に来ていると思ったが、最後の伸びのなさをみるとやはり間隔あいた影響と見てよさそう。
当馬の地力はここではっきりする。足りないなら足りないではっきりするまで買っておきたい魅力のある馬。

◎アドマイヤガスト

人気ブログランキング

◎ストリートキャップ 混戦!【若竹賞2015予想】

クラシック活躍馬は出ていないが、ステップレースで活躍する馬を若干ながら輩出しているレース。

現在単勝1番人気はエイムハイ
若駒ステークスの方が合っていそうと思ったが、こちらを選択か。
ソールインパクトと好勝負をしたナイトフォックスと僅差は一定の評価は必要も、2走ともうまくのられてのもの。
本質的に中山は合っていないのではないかと思う面があるので1走みたいところ。


2番人気はペルセヴェランテ
地力が高い可能性は高いものの、今回は勝ちにこだわったレースはしない模様。
それでも、百日草特別4人気4着コアプライドより地力高いと思われる新馬戦は評価するしかなくおさえは必要か。


3人気はエミネスク
新馬戦でダノンリバティ、スモーキーナイトとの地力差が明白になり、前走は展開向いた。
ここでは通用するレベルにあるかもしれないが、人気している状況で買う馬ではない。無視。
それでも3人気は若干なめられてるかな。


4人気はコティニャック。
梅花賞に出るものだとばかり思っていたが、1週前倒しでここ出走は調子がいい証か。
次走未勝利圧勝のショウボートに競り勝った新馬戦は悪くない。直線並ばれてからも1度もハナ譲らなかった根性は先を期待してしまうものだった。
将来性にかけるならこの馬か。

人気ブログランキング

6人気以下の馬にもそこそこ先が期待できそうな馬が複数頭いて、ペルセヴェランテ、コティニャックが抜けていない限り、人気薄の決着になってもおかしくない地力差しかないと思う。内枠のサブライムカイザーも見れることだし。

それでもストリートキャップで勝負する。
現在5人気。
3人気エミネスクは前走東スポ杯10番人気4着、この馬は11番人気11着。
この差をどうみるかだが、最終コーナー前に行った馬が負けているレースであり、まだ勝負付けは済んでいない。
内枠がほしがったところだが、このクラスであれば充分に通用すると思う。

◎ストリートキャップ

人気ブログランキング

サブライムカイザー【若竹賞2015予想人気馬】

■2014/12/14新馬戦7番1人気1着

スタート良くスッと番手につける。スローペースで流れて3コーナー過ぎにペースがあがったところで前にならびかける。直線序盤で先頭に立ちそのままゴール。
4角前にいた馬がそのまま上位でゴールしており、展開に恵まれたとみてよさそう。相手関係も楽だったことを考えると、評価はできないところ。折り合いに関しては問題なさそうというくらいか。

レース後コメント
1着 サブライムカイザー 北村宏司騎手
「物見をしながら走っていましたし、追い出してからフラついていました。気をつかいながらの競馬でした。これから変わってくるだろうと思いますし、競馬も覚えてくるでしょう」
池上昌弘調教師のコメント
「初めてということで、頭ひとつ抜け出したときにフワフワしていました。最後は他の馬に迷惑をかけてしまいました。まだまだよくなると思いますし、今後のことは様子を見てから考えます」

人気ブログランキング

■2015/1/5寒竹賞8番7人気7着

1着京成杯9着タケルラムセス。
2着は若竹賞にも登録のあるジャズファンク。
前走同様発馬良くスッと3番手につける。最終コーナーでちょっと外に振られることはあったが、特にロスなく走っている。

ここまでで若竹賞で買いたくなる要素は見つけられないし、最低でもジャズファンクを逆転できる地力は見えない。ただ、発馬がいいので、1、2番枠あたりに入ったときの競馬は見てみたいところではある。

レース後コメント
【寒竹賞】(中山)~タケルラムセスが差し切り、デビュー2連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
7着 サブライムカイザー(後藤浩輝騎手)
「後ろからまくられて、緩急がついてしまいました。平均的に流れていれば、この馬の持ち味を生かせたと思います」

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント