3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

◎ウインバニラスカイ 今年のメンバーなら人気薄狙い!【紅梅ステークス2015簡易予想】

桜花賞&オークス好走馬をちょくちょく出している2015年牝馬クラシックを考える上できっちりとみておきたいレース。
ではあるものの、出走馬を眺めていると、毎年ながら結果を見てから振り返ればいいよね的ところが大きい、馬券を当てるのが難しいような気が・・・。
小波乱自体はよくあるレースなので、一通りレースをみたら少額で遊ぶだけにしておこうかと。


現在単勝1番人気はコンテッサトゥーレ 。
新馬戦は非常に強い勝ち方。スタートあまりよくなかったが、ダッシュ力あり好位につけ、直線半ばでスパートすると一気に突き抜けた。ここでは力違った。
ロスがあった競馬ではなく、また相手も次走以降未勝利抜けした馬がいない面子。展開恵まれた面が強い新馬戦を受けてでは、圧倒的1番人気の上で買うには若干不安。

2番人気はアルマオンディーナ。
新馬戦完勝、2戦目で阪神JF5着はオープンクラス地力上位の証明。6着を0.5差離しているのも評価できる。
ではあるものの、阪神JFは非常にうまくのられていて、着順通りの評価をしていいか微妙な面もある。
それでもこの相手ではとりこぼさないか。

3番人気はラッフォルツァート。
6戦消化で掲示板をはずしていない安定馬。5着になったレースも馬場&距離が合わなかったと敗因も明白であり、それを除くと全レース馬券になっているといえる。
ただ、内容をみていくと強さを見せているレースはなく、また相手関係にも恵まれている。同じようなレベルの相手と未勝利戦で戦い続けての掲示板であり、3番人気で買いたくなる馬ではない。

4番人気はクローソー。
新馬戦の勝ち方が圧巻過ぎ。
外枠スタートだったが、押していくと他馬とダッシュ力違い一気にハナに。内に寄せながら楽に走り、直線スパートで上がり最速2着に7馬身差の圧勝劇。
インパクトの強い勝ち方でいかにも次走人気しそうというもの。
ただ、雨の中のレースで意図的に前に出して、そのまま逃げて自分のペースでの完勝、義騎手で斤量51㎏とこの先につながるレースではないとは思う。
地力高い可能性自体は当然あるものの、であったとしても過剰人気するここでは狙いはたたない。

5番人気はエフェクト。
現段階ではファンタジーSはムーンエクスプレスが阪神JF4着になったものの、低レベルだったとみるしかない。3番人気でここで地力足りないと思われるラッフォルツァートもウインソワレに先着した実績があるほどで、人気と地力はかみ合っていない印象。
阪神JFは全く気にしなくていい敗戦ではあるが、やはりファンタジーS負けは重く見て、ここでは地力足りないとみる。一般馬相手に通用したといえるかどうかはここの結果で判断したいところ。


ウインバニラスカイがおもしろい。
ラッフォルツァートに未勝利で勝っており、その後500万下を2戦してのここで、ラッフォルツァートは3番人気でこっちは11番人気。
前走つわぶき賞でも2番人気ラッフォルツァート、10人気ウインバニラスカイであったため、未勝利での先着はほぼ無視されている状態。
はたしてそこまで地力差があるのか?といったところ、前走の大敗は馬場が全く合わずで無視できる。
未勝利戦の内容は非常によく、1400がベストで地力は十分に通用すると思う。番手につけるか、楽にハナをとれれば上位と人気ほどの差はない。

◎ウインバニラスカイ

人気ブログランキング

◎ペガサスボス 2番人気は確定と思っていたら・・【白梅賞2015超簡易予想】

全く買う気がなかったレースもペガサスボスが4人気と聞いては買うしかない。

1人気は断然でエイシンカラット。
新馬戦は1.2差つける超楽勝。ハナに立ちスピードで押し切る形。直線でも差を広げる力を見せた。
前走白菊賞もダッシュ力あり前に行くが、ハナに出ようとする馬がいるのでおさえる。直線で内から伸びをみせるが馬場よかった外を通った馬にさされる。
直線入り口で前にいた馬の中では最先着しており見限れる内容ではないものの、距離の限界を意識しておきたい内容とみていい。

ナリタスターワンは、新馬戦でひいらぎ賞、ジュニアカップ共に4着で内容的にはもっと上位でもよかったマリオーロを0.3離していることは評価できる。間隔空いても相手が相手だけにここも勝負になりそうも、ただ陣営のコメントからも本当の勝負は間違いなくここではなく次以降であり、地力でここを勝ってしまうかもしれないが、手は出しづらい。

ペガサスボスしか残らない。

◎ペガサスボス

◎ダイワバーチュー これまで通り走れば完勝できる!【菜の花賞2015予想】

地力が直接反映されない波乱度の高いコースではあり、ここ2年も人気薄が馬券に絡んでいる。

現在netkeiba.comを見る限り1番人気はグリシーヌシチー。
さすがに最終的にはもっとさがるだろうが、5番人気内に収まりそうな勢い。
未勝利勝ち上がりまでに3戦を要したがそこそこの相手と戦ってはいる。
新馬戦。
0.3差負けた1着ホワイトエレガンスはサフラン賞9着、赤松賞5着、ひいらぎ賞12着。同レース2着デュアルメジャーもくるみ賞6着、黒松賞4着、朱竹賞4着。3着4着馬も共に未勝利はすぐにぬけているが、500万下で足踏みしている馬ばかり。新馬戦でグリシーヌシチーを含め上位5頭が揃って未勝利抜けはレベル高いとも言えるが、揃って500万下で壁にぶつかっている。
グリシーヌシチーはスタート後即押して前に出し内2列目に入れるきちっと勝ちに来た騎乗。そのまま直線に向き、若干前が狭かったが、進路を変えずに内を攻めるも、回りのスパートから若干遅れた。上がり速かった馬が上位を占めるレースだったが、前にいた馬と同じ上がりしか見せられなかった。上位馬が揃って500万下掲示板が精一杯の状態なことを考えるとこの馬もそのレベルとしたいところ。
その後の未勝利戦でトーセンラークと0.6差、ニシノクラッチと0.2差の負け、福島1800で石川騎手で51㎏逃げ切り勝ちを見ても、やはり500万下掲示板載れるか載れないかの地力とみるのが妥当。
ここの相手をみても、馬場&コース利を得られたとしても、その地力で馬券に絡めるほど甘い相手ではない。無視。

2番人気はメイショウサワヤカ。
ショウナンアデラと0.2差はここでは威張れるものの、新馬戦でダイワバーチューに負けており、前走0.2差離しているホワイトウインドが中山1600に勝ってのここ参戦、前走0.4差3着スマイルミーティアがレッドブラッサムに0.5差負けている状況で、前2頭がともに当馬より内枠に入っていて、地力はレッドブラッサムの方が上とどれかには負けそう。
前走も内の狭いところをついて最後は流す楽勝も、ロスのない競馬であり、複勝圏内安定馬でもないと思う。
最低でもダイワバーチュー&レッドブラッサムよりオッズがつかないと頭では買えない。無視。

3人気はクイーンズリング。
新馬戦に続き大外枠。その新馬戦は本当に強い勝ち方。外枠からスタート良くかつダッシュ力もあり前に出す。直線入り口には勝ちを確信できる手ごたえで、入り口すぐ突き放す。最後は差をつめられるがそこはもう緩めている楽勝。
来春にはルージュバック、ショウナンアデラに割ってはいる可能性のある馬にも見えるほど。ただ相手のレベルが高くはないのでなんともいえない面もある。
地力が伴っている可能性がかなり高いと思うが、前走は全くストレスのかからない競馬であるわけだし、今回人気しそうなことを考えると大外枠割引も含め中心視はできない。おさえ。

4人気はマキシマムドパリ。
新馬戦は大外枠で距離ロスがあったレース、前走は縦長の展開で恵まれたものであるものの強い勝ち方で完勝。
相手に恵まれているところもあり、この2走だけで外目枠のここで人気するならちょっと軽視したい。
というより、外枠でこの馬を買うのであれば、クイーンズリングとレッドブラッサムを買いたくなる。

5人気はレッドブラッサム。
ひいらぎ賞で人気でも本命にした馬で、地力は高いと思う。
ここも地力では相手になる馬は少なく、素直に上位評価をしたい。
ただ、そのひいらぎ賞でスタート悪くなかったのに前につけられず、馬群の中の苦しいポジショニングだったとはいえ、前に出られない際の脆さが露呈した形。
道中前に行った馬が軒並み下位になったレースにもかかわらず、どのタイミングでものびることなくでの負け。
ここは絶対にとりたいレースではあるものの、人気していて買える馬ではないことが前走で明らかになった。
地力上位は認めつつも大外枠に入ったここでは中心視はしづらい。さすがにもう少し人気するだろうし、押さえまで。


まだまだオッズは変化するだろうが、どの馬にも何かしら大きめの不安があり、この5頭に複軸にしたくなる馬はいない。
むしろ現状軽視されている馬に複軸にしてもいいような馬がいる。6番人気以下を複軸にするのは自分の決め事に反するが新年いきなり狙ってみたい。最終的には結構人気しているかもですが・・。

ダイワバーチューがおもしろい。
もっと人気するものだと思っていたが、現在8人気。さすがに最終的にはもっと評価されるだろうが、自分が想定していた以上にオッズがつきそうで俄然買いたくなってきた。
新馬戦の相手で芝未勝利を勝ちあがったのが0.6差5着で本レースにも出走するメイショウサワヤカ。
次走ショウナンアデラと0.2差で走っており、当レースでも人気している状況。
メイショウサワヤカが外枠ということで下げて直線内をつく選択をし、それがこの馬にあっていたわけではないかもしれないが、ダイワバーチューも枠の割には距離ロスのある競馬だった。ここはダイワバーチューを上に取りたい内容。
サフラン賞は馬場があわなかったということだが、かなりうまく乗られている。とはいえ、0.5差1着は阪神JF6着のスマートプラネットであることを考えると、ここでの相手関係みると決してわるくない。
前走赤松賞は直線半ばで前をカットされ勝負どころでのブレーキで何もできなかったもので無視できる。
好枠に入りここは素直に中心視していい。


◎ダイワバーチュー

△クイーンズリング、レッドブラッサム、ホワイトウインド、エクストラファイン

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント