3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

スローになればこの馬しかいない! ◎アメリカンワールド 【共同通信杯2018予想】

近3年の勝馬を見ても、昨年のスワーヴリチャード、一昨年のディーマジェスティ―、3年前のリアルスティールと勝ち馬はクラシック戦線での活躍を確約されているといっても過言ではないレース。

人気サイドで決まりやすいとはいえ、近5年でも6番人気が馬券内に2度入っていて、未知の馬も多いこの時期の3歳戦らしい結果も出ている。

今年もおもしろいメンバーが揃った。ちょいあれはあっていいメンバー構成だと思う。

現在単勝1番人気はグレイル
単勝1倍台の圧倒的人気。強いのは間違いない。たとえここで負けたとしてもクラシック戦線で一定の人気を背負って、そして結果を出す可能性は高いと思うほど地力は高い。
ただ、ここは比較的とりこぼしが考えられる条件になっていると思う。
間隔があいたこと、初左回りであるということ、賞金足りている立場で是が非でも連対をというたちばではないこと、大外枠であること、比較的スローで流れるレースで先行馬が揃っていること。
ベストな状態ではなくても馬券内に入ってくるほど地力は高いと思うし、自ら動ける馬なので大敗は考えづらいが、自らうごいても届かない形はあると思う。この人気であればそちらに賭けたい。
前走で下した相手だけ見てもここで無視できる馬ではないので、おさえはするが中心視はしたくない。


単勝2人気はステイフーリッシュ
どこかで賞金加算を考えないといけないです。という前走後の陣営のコメントからも、思った以上にやれたという感じだろう。実際前走は前が崩れたレースになったとはいえ、重賞通用の目途を立てないようだとは思う。
ただ、この馬の場合相手にかなり左右されると思うし、不利な位置から自らそれを打開するという形は今のところ持っていない。先行勢が多いここで、スローで流れてで、新馬戦のようなレースをするにはちょっと手ごわい相手なのではないかなと思う。形が向いたら楽勝も、ここはこの馬に向いた形にならないと思う。無視。


単勝3人気はサトノソルタス
新馬上がりでかつ間隔空いた馬というだけで、ちょっと躊躇してしまう。
が、その躊躇をぶちやぶる可能性は秘めていると思わせる新馬戦ではあった。
ただ、やはり未知の部分しかないし、最内枠ですっと出られないと力発揮できずの形も十分あり得る。現段階ではどうしてもこの馬の頭は見えづらいので、きたらあきらめの無視。


4人気はゴーフォザサミット
ある程度前をとるのが必須だと思う。とれさえすれば、馬券内に入ってなんらおかしくない地力は担保されていると思う。
ただ、この相手では未勝利戦のようなレース運びはできないし、先行勢が揃ったここは外枠になってしまったこともありどう戦うかが非常に難しい。地力評価しているし、馬券内は比較的見える馬ではあるが、頭は見えない。この馬を買うなら3番人気馬も買いたいかな。無視。


5人気はオウケンムーン。
距離伸ばして結果を出してきた馬が距離短縮。目を見張るものはなく、前走よりパフォーマンスを上げる必要があると思うが、距離短縮でこの馬は活きないと思う。
ダービーをみたら面白いかもしれないが、まだ先かなというところ。無視。


例年通り、クラシック戦線で活躍できる可能性がある馬が揃った印象も、人気馬は比較的とりこぼしの可能性が高い気がする。
穴が最も少ない1番人気馬は賞金がたりていて、大外枠となればもしかして…は考えられる。
スローで流れる想定だとすると非常に魅力的な馬がいる。


アメリカンワールドがおもしろい。
スタートが非常によく、かつダッシュ力もあるため、内枠に入ったここはまず前に出ていいポジションで戦える。
そして道中がスローで流れれば、前走の圧勝っぷりを見ても重賞で通用してなんら不思議ではない。
ゲートが非常に安定しているため、まず力は出し切れる。
その力が重賞で通用するかだけが焦点だが、何かを行かせてかつスローで流れた場合は通用するとみたい。
大きく勝負する。

他は、ブラゾンダムール
アメリカンワールドと同タイプで、新馬戦の相手関係からもアメリカンワールドがくる形であればこの馬も残っていておかしくない。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◎アメリカンワールド

△ブラゾンダムール、グレイル

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


ブラゾンダムール 【共同通信杯2018出走予定馬】

■2017/10/8新馬6番1人気1着

0.2差ジェシーは梅花賞1人気5着
0.8差コズミックフォースは京成杯2着

ゲート良く出て、ハナを取る勢いもジェシーが出たので控えて番手内追走。スローで流れるレースを楽に番手で追走し、そのまま直線。序盤はジェシーの後ろをついていき中盤から一気に突き抜けた。最後は流して楽に1着。

昨年レイデオロが勝ったレースを楽勝。前が残るレースで道中後ろのコズミックフォースがその後京成杯で2着になっていることからも、前に楽なものだったのは間違いないが、それにしても楽勝だった。

レース後コメント
1着 ブラゾンダムール(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。調教から能力を感じていましたが、ヤンチャな面がありました。今回、ハミを替えて舌をくくり、だいぶ良くなっていました。折り合いも大丈夫ですし、スタートが上手、いい勝ち方だったと思います。手応えは良かったですし、早く先頭に立ちたくなかったので、直線に向いても2着馬の後ろにいました」
(松永幹夫調教師)
「ゲートも速かったですし、うまく競馬は出来たと思います。この後のことは馬の様子を見て考えます」
【メイクデビュー】(東京5R)~ブラゾンダムールが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/11/12黄菊賞9番2人気10着


ゲート良く前に出て、先行外追走。3角過ぎてから外から大きく押し上げて直線。スピードに乗せていた割に序盤から全く伸びずずるずると下がっての敗戦。

完敗。新馬戦とすべてが変わったので、単にあわなかったというだけで片付けてもいいかもしれない。騎手のコメントからも当レースは参考外にしていいのかな。ただ、道中がスローに流れた方がいいのは間違いなさそう。

レース後コメント
10着ブラゾンダムール(M.デムーロ騎手)
「左にモタれる形でずっと外に逃げながら走っていました。手前も替わらなかったですし、今日はこの馬の本来の感じではありませんでした。」
【黄菊賞】(京都9R)~ジュンヴァルロが逃げ切り勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

◆共同通信杯
悪くはない。ある程度間隔空いてのレースになるが、スロー想定なら戦えるレベルにはあるかもというのは新馬戦の相手からも考えられる。ただ、スローで流れておもしろい馬に今回はアメリカンワールドがいて、ゲートとダッシュ力はアメリカンワールドの方が上に思うので、間隔空いたこの馬をより上位にとるのはちょっと難しいかもという気がする。この馬買うならアメリカンワールドとともにかな。
【共同通信杯】終い切れて11.7秒グレイル 左回りで反撃ブラゾンダムール | トピックス | 競馬ラボ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

アメリカンワールド 【共同通信杯2018出走予定馬】

■2017/10/21新馬3番2人気4着

0.3差1着カツジはデイリー杯2着、きさらぎ賞5着
タイム差なし3着ブレイニーランは次走未勝利でアイトーンに0.2差

ゲート良く前に出るがハナは狙わずに番手追走。ちょっと追走にとまどうが番手のまま直線。スパートするがじりじりという感じでそのままゴール。

道中ペースが上がると追走に苦労するのか、単に道悪があわないのかといった感じかな。道中のスムーズさはなかったので、力は出し切っていないとみたい。

レース後コメント
4着 アメリカンワールド(浜中俊騎手)
「トビがきれいな馬で、こういう馬場ですから、3コーナーから手前を替えてばかりで、体を沈めて走り切ることができませんでした。今日は馬も走りにくかったようですが、乗り味がいいので走ってきそうです」
【メイクデビュー】(京都4R、5R)~ナディア、カツジがデビュー勝ち | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2017/11/5未勝利7番3人気3着

0.1差福寿草1人気4着ウォルビスベイ
タイム差なし2着インスピレーションは5戦目未勝利抜け
0.5差5着ハーツフェルトは4戦目未勝利抜け

ゲート良くハナをも意識して前に。ただ、内から行く馬がいたので番手外を追走。比較的早めに流れたので、頑張って追走という形になってしまう。4角でもそのまま追走で精いっぱいの様そう。
直線ちょい外に出しつつスパート。ウォルビスベイと競る形で伸びてはいくがラスト甘くなっての3着。

ちょっと追走で脚を使ってしまっていた感じなので、それでいてあの粘りは評価していい。が、上位二頭も前目にいた馬ではあるので、この形ではちょっとつらいかなと。前半はゆったりしたペースでないとって馬かな。ただ、苦手な形になってもそれなりの相手にそれなりにやれたっていうのはあるので、500万下クラスでは通用しそう。

■2018/1/13未勝利6番3人気1着

0.4差2着は前走未勝利でノーブルカリナンの0.1差負けのレーヴドリーブ

ゲート良く出てすぐに内先行をとりにいく。ハナに立つ気はないので、内だけ確保したらスローの流れをそのまま追走。
直線に入ったら序盤から無理やり間を割ってスパートで一気に最後までのびきった。

楽勝。この形なら格が違うといった感。スローからの勝負ならかなりのレベルにあるとは思う。
が、この時期の未勝利戦はレベルが高くない可能性が高いが、2着馬がエルフィンステークス2着のノーブルカリナンに0.1差負けだということを思えば、世代で見てもそこそこのレベルにある可能性はある。


◆共同通信杯
比較的魅力ある馬だと思う。3戦みる限り、ゲートは問題なく、内枠取れればまずいい位置で運べるので、道中のペースが落ち着けば一発は秘めている。
人気薄&未勝利あがり即は近5年では全く成績が残せていないレースではあるが、この馬スローで流れたレースなら世代最上位クラスの可能性をまだ秘めていると思う。これまで逃げようと思えば逃げられたのにハナにはたたなかったこと、逃げ馬の結果が出ていないレースということからも、何かをいかせた上でさらに道中スローで流れるという条件はつくものの、その場合に頭まで突き抜ける可能性は持っているとは思う。6人気以下ならまずとびつきたい。
【共同通信杯】3連勝を狙うグレイル 勢い魅力アメリカンワールド | トピックス | 競馬ラボ
最新トラックバック
最新コメント