3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

ボルゲーゼ【セントポーリア賞2015予想人気馬】

■2014/11/15新馬6番2人気3着

0.1差1着はジュニア賞3人気2着、若竹賞1人気3着エイムハイ。

スタート悪かったが、押して行く。縦長の隊列になったため、うまく中団内にいれてレースを進められた。
直線長く伸びているが、ゴール前で内の馬がよれて決定的なブレーキ。
エイムハイを見ているときは不利があったなくらいだけど、あれがなければ勝っていたとも思えてしまう。道中はうまく乗られているが、エイムハイのその後の結果をみると、一定の評価は必要。


■2014/12/14未勝利9番2人気1着

3着は次走未勝利抜けグランシルク。
0.4差2着ウイングチップは新馬戦でセントポーリア賞に登録のあるラブユアマン&ドゥラメンテに0.7&0.6差つけられている。

出遅れ後方からで、早めに自ら動いて外外回して位置をあげて直線も伸びて上がり最速。
2着馬に0.4差であれば、ラブユアマン&ドゥラメンテと同等の地力の可能性もあるし、自ら動いて勝ち切った内容も好印象。

セントポーリア賞でも十分に狙いはたつがここら辺の馬を買うとなると、ドゥラメンテも買いたくなるなあ。

人気ブログランキング

ラブユアマン【セントポーリア賞2015予想人気馬】

■2014/10/12新馬1番4人気1着

0.1差2着ドゥラメンテ。
5着エニグマバリエート。
スタートダッシュはいまいちも、2頭いかせてきっちりと好位内で追走。スローになったが、早めに前にとりつけ直線はちょいと外寄りに出してきっちり長く伸びた。ドゥラメンテに迫られてドゥラメンテが終始外を回したことを考えると、0.1差ではドゥラメンテを上位にとりたくなるところではある。
それでも、間違いなく長く伸びているし、器用なところはみせている。

レース後コメント
【メイクデビュー】(東京4~5R)~レザンドゥオール、ラブユアマンが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ラブユアマン 戸崎圭太騎手
「素直な馬です。切れるというより長く脚を使うタイプの馬なので、自分から仕掛けていきました。今日の競馬はまったく問題なかったと思います。距離が延びてもいいと思います」

人気ブログランキング

■2014/12/6葉牡丹賞2番3人気5着

変わらずスタートダッシュはいまいちも前につけ、1番バイガエシをみる形で進める。かと思いきや、3角では逃げていた2頭に競りかけ、先頭で直線を向く形。
1着トーセンバジル、2着カカドゥ、4着ニシノオタケビと上がり上位が掲示板に並ぶ中、3着に入ったバイガエシが福寿草特別1着。
そこと0.3差は見限るほどではない。ただ、もう一度やっても上位馬どれかには負けそうなところではあるので500万下上位の地力とは位置づけられない。

セントポーリア賞では前走より相手関係は楽になりそうで、このレースの着順で軽視されドゥラメンテとのオッズ差が開くようであれば・・というところか。

人気ブログランキング

ドゥラメンテ【セントポーリア賞2015予想人気馬】

■2014/10/12新馬11番1人気2着

0.1差1着は次走葉牡丹賞で3人気5着ラブユアマン。
0.3差離した5着エニグマバリエートはホープフルS11人気5着。
共にセントポーリア賞にも登録あり。

出遅れて後方からも押して後方集団外目につける勝ちにいく競馬。ただ、出たなりで後方内に入れても間に合うとまでは騎手は思っていないともいえる。まあ他の馬がいて内に入れるタイミングなんかなかったけれど。
直線入り口から仕掛けるが、結局終始外を回してそのロスがもろに響いたといったところ。ただ、ずっと長く伸びていたのはこの馬であり、1着馬より強さはみせているといえる。

■2014/11/8未勝利1番1人気1着

1.2倍1人気。
人気どおりの勝ち方。若干出負けするが今レースは前走と違って最内枠先行3、4番手内をロスなく進める。
直線半ばで押しだすと一気に伸びて他馬を一気に突き放した。
新馬戦1着ラブユアマンの地力がまだ未知なところがあるもののここ2戦のパフォーマンスではこちらを上位にとりたくなる。
ただ、この着差に騙されたくはないと思ってしまう。相手は未だに未勝利を抜けていないメンツで、3着トーセンカナロアは7戦目に2戦目だったブラックバゴと0.1差で走っているものの、1戦目でアルマワイオリに、2戦目でポルトドートウィユに1秒以上離されていて、最後の最後まで抜くことなく追ったことを考えると、アルマワイオリ&ポルトドートウィユより上にとれはしないもの。

セントポーリア賞の相手関係では無視できるような地力では全くないけれど、ゲート再審査で間隔空き、良血で未勝利での着差だけをみて人気になりそう・・となるとちょいと疑いたくもなるなと。

レース後コメント
【2歳未勝利】(東京4R)~ドゥラメンテが6馬身差でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
1着 ドゥラメンテ R.ムーア騎手
「余裕のあるレースぶりでした。あと課題はゲートだけですね。距離は長くなっても問題ありませんし、これからが本当に楽しみです」

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント