3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

◎グランアルマダ 力は足りるのにこの人気なら狙い時!【千両賞2014簡易予想】

若干ながら来年につながる馬を輩出しているレース。
ではあるが、この時期開催で来年につながる馬がでてくるかは微妙なところ。軽くチェック。

現在1番人気はアンビシャス。
前走3~5着が次走未勝利戦で馬券になっており、6着ローデッドが未勝利抜け。
それらの馬相手に0.4差以上つけて上がり最速であれば、今回のメンツでは評価できる。
1枠からスタート少し悪かったが押して先頭集団につけ、直線半ばから抜けたと思ったら突き抜けるという、ロスはほとんどない競馬だったが、ペースを考えるとなかなかのもの。
無視はできないが、騎手乗り替わり、直線坂、オッズを考えると中心視はしたくないところ。

2人気はフミノムーン。
前走は後方2番手から追走、かかってポジションを大幅にあげたレトロロックにつられるような形で、早めに位置をあげることになり理想のレースができなかった。
新馬戦のレベルも決して低くなく、地力は十分500万下レベルはあることは前走からもほぼ間違いない。ここなら楽に勝ってもおかしくない。

3人気はサトノフラム、4人気はヤマニンマンドール。
新馬戦で対戦した両者、その際はサトノフラムが勝っているが、スタート悪く後方からの競馬を強いられたヤマニンマンドールのゴール前の伸びは相当インパクト強かった。
前走内容からもヤマニンマンドールを上にみたいが、共にここ通用は大丈夫そう。

そこそこのメンツと闘ってきている、グレイトチャーター、グランアルマダあたりも捨てがたい。
が、全馬見る時間はなさそう・・・。


上位人気馬が全く切れないが、地力より評価が低いグランアルマダを狙う。
外枠でこそ走るという馬の可能性もあるが、地力的には上位と差がないことは間違いなく、その状況で半分より後ろの人気であれば、ひとまず買っておきたいところ。

◎グランアルマダ

人気ブログランキング

◎トゥザワールド 穴がくるならこれしかない!【有馬記念2014超簡易予想】

個人的には今年の競馬はホープフルステークスに全力投球で終わるわけですが、どうせなので有馬記念も買ってみようかと思います。
こうやって余計なカネを使っていってしまう・・・。

枠順選択おもしろかったですね。
内枠から埋まっていくというのはそれだけ内枠が有利なのか、有利といわれている内枠を避けて負けたらはずかしいから内枠を選んだだけなのかわかりませんが・・・。
まあ、傾向を見ても1、2枠の勝率はいいようでそこは疑えませんが、外枠がいいのになーっていう騎手もいたんじゃないかと勘ぐってみたり・・そういうの含めおもしろかったです。
ドラフト的に各陣営が希望の枠を先に提出してから競合したらくじって形の方が、よりどの枠が人気かわかって、馬券を買う側としては今後の参考になる気がしたので、次があるならそういう形でやってほしいなと。

さて有馬記念。
現状地力上位は実績&ジャパンカップをみてもエピファネイア、ゴールドシップ、ジャスタウェイで疑いないところ。
その3頭が揃って外枠に入ってさあ面白くなりますかね・・・というレース。

まず予想の軸としたいのはここに全力投球の馬はどれか、というもの。
もちろん前走全力で余力残ってないのでは?と思った馬が勝利している過去は多々あるのですが、単に個人的な趣味でその手の馬に金はかけません。
次走を見ていてもいいのですが、とにかくここを全力で勝ちにきていると勝手に思える馬を選びたい。
オッズだけみると地力以上に低評価なヴィルシーナを狙いたいものの、ラストランですし・・。
昨年の当レースを見るとウインバリアシオンを狙いたくなるが、前走を見るとゴールドシップを上に見るしかなないですし・・・。
天皇賞秋前には最も強いとしていたジェンティルドンナもベストで挑むはずの前走があの結果となると、ラストランのここで無理するわけもなく、エピファネイア&ジャスタウェイを素直に上に取るしかないですし・・・。

トゥザワールドがおもしろい。
イスラボニータが古馬一線級とそこそこやれたことを考えると、どう考えても現状人気がなさすぎ。
古馬との地力差を測るには向かないレースだろうが、斤量や条件、騎手を考えればここを勝ちに来ない理由が全くない。
というよりも、ワンアンドオンリーが地力上位の3頭に次ぐ4人気もしくは5人気であれば狙うは絶対にこっち。
内3頭のどれかがいく形になることが濃厚だが、それに次ぐくらいの位置で運べそうで普通に勝ってしまうのではないかと。

◎トゥザワールド

人気ブログランキング

◎マイネルシュバリエ 前が残り大荒れる!【ホープフルステークス2014予想】

ラジオNIKKEI杯から変わっての初戦。
朝日杯の開催場が変わってどうなるかというところだったが、皐月賞と同じ舞台となりなかなかのメンツが揃った印象。
昨年のラジオNIKKEI杯勝ち馬はワンアンドオンリー、一昨年エピファネイアは共に今日有馬記念に出走で人気に推されている馬。ここ出走の馬に来年のクラシック戦線で活躍する馬がいておかしくない。
だが、現時点では大きな地力差はみられない。
大荒れを期待したいところ。

現在単勝1番人気はダノンメジャー
強い!というレースはこれまで見せていないように思うが、スタートよく前につけられるときも行く馬がいたらおさえてそれに続くレースを選択した前々走、スタート悪く後方からになった前走で共に1、2着という安定感は大いに評価できる。それを踏まえると、現在の2番人気とほとんど差のないオッズはちょっと甘く見られているともいえるかもしれない。ただ、世代で抜けた地力を持っている可能性は低い。
前走の乗り方から小牧騎手のこの馬に対する評価はかなり高いと思われ、ここで無視できる馬ではないが、安定感で買われる1人気馬は抑えまで。


2番人気はティルナノーグ
前走の負けによって現状はトーセンバジルに勝っているだけの馬。
とはいえるのだけど、そのトーセンバジルが葉牡丹賞を勝っていることでこの馬も一定の評価をするしかないともいえる。
ただ、500万下クラスは圧倒できる地力は有しており、取りこぼしの少ない走りができる馬、としていた中での前走0.7差負け。騎手曰く馬場の影響ということだが、武騎手の乗り方からもこれまでの自信は見られず、オープンクラスでこの馬の地力が抜けているとはおそらく思っていないと思われる。
そんな状態での2番人気。まだ人気する現状ではこの馬勝負はしづらく、軽視が妥当。


3人気はシャイニングレイ
新馬戦上がりの馬。その新馬戦圧勝は認めるし、そこで格の違いをみせつけたのは事実。ではあるが、いかんせん相手が次走未勝利戦で軒並みいいところがない。それは道中ハナで2着に粘った1人気馬も同様。この状況での3番人気で買いの要素はないとみる。


4人気は ソールインパクト
前走後、騎手に乗り方によっては勝っていたかもしれないと言わせた馬。
とはいえ、前走はほぼ地力を出しきっての3着とみる。
その前の前3走で骨っぽい相手に勝ってはおらず、新馬戦のミュゼスルタンには完敗とあっては、距離延長がプラスに働くとは思えない。無視。


5人気はタンタアレグリア。
週中にとりあげなかった馬。
新馬戦でフォワードカフェ、未勝利戦でディアコンチェルトにきっちり負け。
自分の予想法ではこの手の馬がきたら諦める。

人気ブログランキング

上位人気馬は強いとは思うが、特に抜けていることはないことが明らかな状況。
他馬と地力差がまだはっきりしておらず、また人気薄馬の中にも恵まれず結果が出ていないだけで、地力は高い今だからこそまだ狙える馬は多い。

マイネルシュバリエがおもしろい。
東スポ杯から再度本命に。
何がどうあれ札幌2歳ステークスを評価しないわけにはいかない。
0.2差1着ブライトエンブレムは朝日杯2人気7着。朝日杯は間隔空いてのもので、トップには若干地力足りないかも・・とは思うがまだ地力上位に位置させられる状況。
タイム差なし3着レッツゴードンキは阪神JF2着。4着ミュゼエイリアンは百日草特別3着で昨日エリカ賞を勝ったベルーフと0.1差。葉牡丹賞は条件合っていないだけ。
6着アルマワイオリは朝日杯2着。
7着ミッキーユニバースは前走鼻出血もいちょうS3着でクラリティスカイ0.3差、ネオルミエールとタイム差なし。
と、どこまでもオープンクラスに通用する馬ばかり。その中でも地力上位を示したこの馬を評価しない理由はない。
前走の負けは東京コースが合わなかったとしていいと思う。馬体重増加の中でも勝とうとするレースをした騎手含め陣営にも好印象で、ここは素直に前に出て自分のペースで押し切ると見る。

昨日のエリカ賞。ヒルノマレットがまさか後方2頭目につけるとは思わなかったのですが・・・マイネルシュバリエは大丈夫でしょう。


次は コメート
マイネルシュバリエの方が人気なかったのでそちらを上位にとったが、マイネルシュバリエの馬体重によってはこちらを上位にみたいほど。
前走は新潟2歳ステークスでみせた地力をそのまま発揮した形で、新潟2歳ステークスは評価できる。
新潟2歳ステークスは札幌2歳ステークスと同様に上位馬が順当に活躍しており、レースレベルは高い。
その中でコメートの内容はかなりよく、3着馬同等であり、1,2着馬と同等もしくはちょい下の地力を示している。
であれば、普通にその地力を発揮すればここで通用する。
また、マイネルシュバリエが前に行ってくれる形はこの馬に向く可能性が非常に高く、マイネルシュバリエがベストの状態でなければこの馬が台頭する。


他は レトロロック
千両賞、エリカ賞にも登録していたがここを選択。陣営のいろいろな都合があるかもしれないが、素直にここでも勝算ありとみる。前々走の暴走2着、それを踏まえてのおさえておさえて何もできなかった前走だけではまだオープンクラスに足りないとは言い切れず、普通に走れば十分に通用する可能性がある。その可能性にかけるのにちょうどよい人気具合になっており、狙いはたつ。

札幌2歳ステークス5着のフォワードカフェ、新潟2歳ステークス出走の13着のディアコンチェルトもおさえておく。
ジャジャウマナラシを忘れてた。

個人的には前2頭そのままを期待も、上2頭が馬券に絡んだ時に大きく取りたいのでいつもより多めにおさえる。
全力勝負!!


◎マイネルシュバリエ

○コメート

△レトロロック、ダノンメジャー、フォワードカフェ、ディアコンチェルト、ナンヨーテンプル、ジャジャウマナラシ

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント