3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

アオイプリンセス何があったの?

出先で帰宅は明日の夜なので、映像見るタイミングがなかなかない。
アオイプリンセスどういうこと?故障?

◎アオイプリンセス 地力上位は明白!【エルフィンステークス2016予想】

きさらぎ賞がどう考えても金を賭けるレースではないので、ここで大きく勝負する。

桜花賞に向けて重要で、クラシック路線を目指す馬は是が非でも取りたいレース。
重賞ではないながら、ここを勝てばレッドディザイアのように直接でも、ウォッカのように1レース調整してでも本番を迎えられるという一気にクラシックに向けて視界が開ける。

中穴狙いを謳っておきながら、先週のメイショウタチマチ同様、人気馬の中に明らかに地力上位が明白な馬がいる。

アオイプリンセスで勝負する。
人気でも仕方なし。ここ2戦からだけで、オープン通用の目途は立っている。
新馬戦でくだした2着ショウナンアヴィドは未勝利でレッドアヴァンセに完勝し、シンザン記念9着。
3着アグネスフェアリーは次走即未勝利勝ち。4着はシクラメン賞でレプランシュとタイム差なしのフロムマイハート。騎乗がよかったのもあるが、その後を考えて余裕があるローテを組むためにも落としたくないレースでしっかりとった。
そして前走はクロコスミアに0.2差負けしたものの、0.1差くだしたビービーバーレルはフェアリーステークス1着になった。このレースは新馬戦と違って出遅れから後半長い脚で迫ったレース。先行馬が上位を占めた中での2着は非常に強い2着といってよく、牝馬オープン通用の目途はたっているとみる。
エルフィンステークスを完勝すれば、牝馬路線重賞の勝ち馬候補に今後名前があがるのは間違いなく、買うならここしかない。若干枠がきになるところも、先週同様基本は単複で全力で狙う。


ここも先週同様相手は消極的に人気馬から拾う。セントポーリア賞より穴におもしろ目の馬は多いが、アオイプリンセスに勝つ形を持ってる人気薄はいないように思う。

ダイアナヘイロー
ここに出走するのがとにかく解せないが、単純に上位との地力差を図りつつあわよくば勝ってしまおうということだろう。
そう考えると、前走同様の逃げを見せてどうかという素直な戦い方ができるポジションではある。
前走の内容はかなりいいものの、相手レベルがわからないので未知の部分が当然多いが、それでも魅力はある。



◎アオイプリンセス

△ダイアナヘイロー

3歳クラシック戦線に勝つ!! : レッドアヴァンセ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : エールデュレーヴ【エルフィンステークス2016出走予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : アオイプリンセス【エルフィンステークス2016本命予定馬】
3歳クラシック戦線に勝つ!! : ダイアナヘイロー【エルフィンステークス2016出走予定馬】

人気ブログランキング
ryouyaさんの競馬予想|エルフィンステークス - 2016年2月6日京都10R|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS
KLAN

ダイアナヘイロー【エルフィンステークス2016出走予定馬】

■2016/1/24新馬12番6人気1着


なんてかっこいい勝ち方なんだと。
スタートよく前にだしてからそのまま逃げて、直線入ってさらに差を広げるというかっこよさ。ただ年明けの新馬戦であり、まだくだした馬が2レース目を走っていないので、相手関係から何も言えなくてレベルが低い可能性は充分にある。

レース後コメント
1着 ダイアナヘイロー(国分優作騎手)
「調教をしっかり積んで、仕上がっていました。スピードがありすぎるくらいで、向正面で行きたがっていましたが、途中から息が入りました。これ以上、距離が延びるとスピードを生かしきれないので、このくらいの距離がいいでしょう」
(福島信晴調教師)
「いいスタートを切って、小細工なしにレースをしてくれました。そこそこ調教で動いていたので、少し期待していました。牝馬のわりには馬格があるし、楽しみです。次は厩舎に置いて調整し、自己条件を考えています」
【メイクデビュー】(京都2R、6R)~モルゲンロート、ダイアナヘイローが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
【京都新馬戦】ダイアナヘイロー逃走V 福島師「小細工なしの競馬」 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

人気ブログランキング

エルフィンステークス
こぶし賞か1400に出走とのことだったのに、ここ参戦に踏み切る意図は何なのだろう。まあ、行けるということでしょう。
通用の可能性は充分にある勝ち方を見せた新馬戦から、ここはある程度人気しそうで人気したら買うには不安がありすぎるが、単勝6人気以下なら馬券の相手として積極的に買う要素はある。何よりもここ出走は早い段階で地力を図る意図があるとしか思えず、複内狙いができる立場にいる唯一の地力馬といったところ。

人気ブログランキング
最新トラックバック
最新コメント