3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

◎シグルーン 一発かませるのはこの馬!!

比較的荒れ傾向のレースで、穴党にとっては外せないレース。
他のレース関係から乗り替わりが非常に多いものになっているのも荒れに拍車をかけそうなところ。
ではあるのだが、

現在単勝1人気は ソウルスターリング
1800少頭数レースを2戦経験したのみで、血統による人気も大きく加味されている。望んで少頭数を選んだわけではないとはいえ、これらはやはり重くみたい。
ルメール継続は超魅力も、他の人気馬がそこそこ内容のいいレースをしてきている中では、現段階ではそれ以外にそれらを差し置いての魅力は見いだせない。無視。


2人気は リスグラシュー
ちょっと逆らえないかな。これまでの相手関係もよく、1800での勝ちもあり、前走ここ2年連対のあるアルテミスからの参戦、多頭数レース&外枠も経験、その上消化3レースの内容もいい。
大外枠と乗り替わりにマイナスを求めるしかないが、大外枠でもレースは運びやすそう。というのも前に行きたい馬が多く、縦長の隊列になりそうで、道中どこにつけようともこの馬の力は出し切れそう。最終的には1人気になりそうだけど、連軸としては最も信頼がおけ、さすがにはずせない。


3人気はレーヌミノル
1400までの経験での参戦。これまでと違い陣営はここでは控える競馬を示唆している。素直に距離不安があるとみたい。この馬が頭まで見るなら思い切ってハナに立っても仕方なしでペースを上げていくしかないように思うが、それは控えるコメントからもまずしない。
積極的に買う要素はない。無視。


4人気はジューヌエコール
唯一の3連勝馬。前走は非常に大きく評価するし、中枠に入り大敗が浮かばない1頭ではある。ただ、ぬるい相手に勝ち上がっている感はぬぐえず、強くは押せない。この馬に大きく賭けるほどの魅力は見いだせないし、オッズ的魅力も薄い。おさえまで。


5人気はディーパワンサ
前走はここを見てのレースであり、負けても全く問題レースだった。
その前走も無理に控えなければ普通に勝ってもおかしくない内容で、評価はできる。
ここだけを見て勝負をかけている1頭であるのは確実。
フルゲート最内は非常に戦いづらいものになるだろうけど、地力はまず足りている。



上位人気5頭の中で買いたい馬買いたくない馬は明確だが、リスグラシュー、ディーパワンサという欠点の少ないと思う2頭は最内、最外の極端な枠で、思い切った騎乗がしづらい人気の中どう乗るのかが難しい。必然的にジューヌエコールを最も押したくなるが、この馬は相手関係からの強調点が弱くどうにも大金は賭けられない。
それならばの視点で人気薄馬をみていくと1頭だけオッズ的魅力がある馬がいる。

シグルーンがおもしろい。
新馬戦で後に京都2歳1着となったカデナを破ったことを重く見たい。カデナにロスが多かったレースで単純に地力上位だとはいえないものではあったが、かなり余力のあったレースだったのは間違いなく、一定の評価は必要。
本番を見て臨んだ前走は権利とりのために連対はほしかったものの、陣営はここを見てのレースだと明言していた。その中での3着は決して悪いものではなかった。もう少し伸びてほしかったものの、敗因をコースか状態に求めればここでの巻き返しは十分可能。
地力は足りる可能性が高い馬が現在単勝9人気。狙いは立つ。

他はアルテミス組は買っておけで、サトノアリシアをおさえる。


◎シグルーン

〇 リスグラシュー

△ディーパワンサ、ジューヌエコール、サトノアリシア





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

シグルーン【阪神ジュベナイルフィリーズ2016本命予定馬】

■2016/9/10新馬戦9番1人気1着

クビ差2着は京都2歳S3人気1着カデナ

普通にスタートしドスローの中の3番手外目追走。一団で4角。直線入ってからも問題なく進路確保で、中盤から楽に抜け出しそのまま押し切り。

後からみても強敵は京都2歳ステークス勝ちとなった2着カデナのみ。そのカデナはかなりロスのある競馬だった。この勝ちをどうみるかというところ。個人的にはかなり余裕のある勝ち方だったことを重く見て、地力高いとしたい。

レース後コメント
1着 シグルーン(M.デムーロ騎手)
「追い切りの時から良いと感じていました。真面目で競馬を分かっています。道中はいいポジションを取れました。4コーナーは他の馬がゴチャつくところがありましたが、こちらはスムースに問題なく一生懸命走ってくれました」
【メイクデビュー】(阪神5R、6R)~シグルーン、ジョウショーホマレが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/10/29アルテミスステークス6番5人気3着


普通にスタートして押して前に。ハナに行くかと思われたが、外から馬が来たのでおさえて3番手追走。
内をロスなく進み直線。中盤から仕掛けるが思ったほど伸びず、前はかわすが外からの2頭には完全に抑え込まれた。

もう少しはじけてもよさそうに思ったけど、直線あまり伸びなかった。連対はしたいレースだったのは間違いなく、流れ位置取りも決して悪くはなかったと思う。敗因をどこに求めるか、コースか、状態か…。難しいところ。

レース後コメント
Mデムーロ騎手(シグルーン=3着)「ペースはちょうど良かった。最後まで頑張っているけど、1、2着馬は強い」
【アルテミスS】シグルーンは3着 Mデムーロ「1、2着馬は強い」 : スポーツ報知

人気ブログランキング

◇2016/12/11阪神ジュベナイルフィリーズ
前走の敗因の一つに輸送による馬体重減をあげているように決してベストな状態ではなかった。
ここ目標を明言しているなかでのレースで前走は3着でよしではなかったのは間違いないが、結果的に抽選を通って問題ない結果と言っていいだろう。
デムーロの完敗コメントは気になるが、2着馬はここ未出走で、リスグラシューは1番人気。この馬の9番人気はさすがに低評価すぎるように感じる。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

ディーパワンサ【阪神ジュベナイルフィリーズ2016出走予定馬】

■2016/7/3新馬戦4番1人気1着

0.2差2着はファンタジーS6着ドロウアカード
0.8差4着はデイリー杯5着ベルカプリ

普通にスタートして4番手中目追走。直線進路がなくスパートが若干遅れたが前をこじあけて進路ができてからは周りとは違う脚色で抜け出し、ハナにたってからは楽に1着維持といった形。

次走以降未勝利抜けしている馬が多いそこそこメンツの揃ったレースだったことを考えても評価できる内容。かなり余裕がある抜け出しでまだ全く底はわれていない。

レース後コメント
1着 ディーパワンサ(川田将雅騎手)
「調教にも騎乗しましたが、レースでは期待通りの走りでした。穏やかな性格で、前半は予想していた通り、あまり進んで行きませんでしたが、直線はしっかりと反応してくれました」
【メイクデビュー】(中京6R)~ディーパワンサが馬群を割いて抜け出す | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/7/23中京2歳S7番2人気1着


出遅れ後方スタート。内に入れるわけでもなく、かといって順位をあげていくこともしない出遅れそのまま外目を追走。ダメかと思われたがペースもあって4角では前をうかがえる団子の中。直線まっすぐ走れなかったがきっちり突き抜けた。

牡馬勢をけちらしたのは評価も相手関係はぬるく、前走からもここは勝って当然と言える相手か。
ただ、内容自体は悪くないもので世代上位の地力保持の可能性は秘めているか。

レース後コメント
1着 ディーパワンサ(C.ルメール騎手)
「すごく乗りやすい馬です。最初はいいスピードで、その後はリラックスして走っていました。直線ではいい瞬発力を見せてくれました。競馬が上手です。1600mもちょうどいいと思います。小柄な馬ですがパワーがあります」
【中京2歳S】(中京)~ディーパワンサが追い比べを制し連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

■2016/11/12デイリー杯2歳S7番3人気4着

0.1差負け1着はジューヌエコール

普通に出て前目に行くかと思いきや、ペース遅かったにもかかわらず位置取りを下げて中団中目追走。直線入り口までも位置取りを変えずに直線。序盤もいまいち伸びなかったが中盤以降徐々に伸びたものの間に合わずといったところ。

うーん、もったいない印象。スタートも問題なく、かつ序盤ペースが遅かったのにもかかわらず位置取りを下げていってしまったのが致命傷だったか。何かしらの目的があったのだろうけど、ここを勝つだけなら下げる必要はなかったはず。
間隔空いての臨戦だった事を踏まえてもここ勝負だった可能性は低く、勝負は次か。

『賞金を持っているので、正直に言ったら、そこまで無理して勝ちに行くというレースでもないという意識はあります。もちろん。良い結果は残したいですけどね。』
2歳女王の座を狙うディープパワンサ 若きトレーナーが考え抜いた秋初戦へ | 松下武士調教師 | 競馬ラボ

◇2016/12/11阪神ジュベナイルフィリーズ
前走はのちを見たレースと仮定すれば価値あるレースではあったし、前々走も悪い内容ではない。5人気が微妙なところではあるが、買いの要素はある1頭ではあると思う。
【阪神JF】栗東レポート~ディーパワンサ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
最新トラックバック
最新コメント