3歳クラシック戦線に勝つ!!

皐月賞・ダービー・菊花賞 桜花賞・オークス・秋華賞を獲るための競馬予想ブログです。

予想スタイルは対戦相手を重視しています。
どの馬と戦って、結果はどうだったかが中心です。直接対戦がなくても1頭かましている対戦などで間接比較も行い、どの馬の力が上位かを探します。
何よりひとまずレースをみます。

◎マウントロブソン 穴ならここ!【ダービー2016予想】

皐月賞に続きなんとも穴党が楽しめないレースになっているように思う。
結果はともかく、荒れるのでは?とわくわくするレースを希望する自分にとってはちょっと残念かな。
というのは皐月賞の時も思っていたが、8人気のディーマジェスティが3強を打ち破っての1着、と見ていて興奮するものになった。
今回はそのディーマジェスティを加えて4強の様相。

ルメールがドゥラメンテ級というサトノダイヤモンド、それとほぼ差が無いというマカヒキ、それに状態ベストでない中で接戦したリオンディーズ、そして前走でそれらをまとめて下したディーマジェスティと、前走よりドゥラメンテ級が1頭増えるという…恐るべし世代。

前がきつい中残ったリオンディーズ、状態ベストでないと明言した上の1番人気で不利受けつつも王道の競馬で馬券に絡んだサトノダイヤモンド、最後方からも外々を回してラストの伸びが圧巻だったマカヒキに、展開以外に結果的に枠も恵まれたといえるものの上位人気馬をまとめて差し切ったディーマジェスティ。
皐月賞でもこの4頭がそれぞれいいところを見せていて、大きくマイナスするところがない印象。
この中で切るとした枠、ゲート、展開とすべてがうまくかみ合ったディーマジェスティだと思っていたが、1枠に入って前日オッズで単勝1人気と勝率のいいところにはいったなという。


穴を狙うには…の視点で考えると、後ろからの人気馬がスムーズに外に出せず届かずの前優位なレースに張るしかなさそう。

ゲート良くないディーマジェスティ、前に行くことを陣営は示唆しているものの、前走前々走好走から後方からのレースを選択する可能性が高いマカヒキが内枠に入り、外に出せない可能性を考えたい。
そしてリオンディーズ。内好位に入れるのが比較的難しい枠になったと思うので、今回は前走ほど前には出さないはず。前走も中山と枠を加味しての番手確保だったわけで、無理して前に出すとは思えない。
となると前に楽になってもおかしくない。


マウントロブソンがおもしろい。

乗り替わり乗り替わりで来た馬がここで前走に続きベリー。
皐月賞は前に厳しいレースだった。リオンディーズを見てのレースをしたこの馬にもつらい流れだったが、そのなかでの6着は一定の地力保持の証明。同様に前走前で戦って上位に来たのは人気だったリオンディーズとエアスピネルだが、今回はリオンディーズは今回中団ちょい後ろ外目からの追走になるだろうし、エアスピネルは距離伸びてパフォーマンスを上げてくるとは考えづらく、この馬が再度前で戦えば残れる可能性は十二分にある。
前走も騎手は地力で周りに劣ることはわかっていたからこそ、前に張ったわけで、今回も同様の一か八かのレースをしてくれるはず。前走の力関係であれば、後ろがごちゃつけば前で抜け出し残る形はもっている。
その馬が単勝10人気であれば買える。
金子オーナーが力を入れるマカヒキではなくこっちで勝負する。

相手はリオンディーズ、サトノダイヤモンドの人気馬で早めに位置取りをあげてくるだろう2頭。

他は弥生賞に出走できず、ダービー勝負になったものの大外枠になってしまったプロディガルサン、前走で騎手が距離長いと言ったものの、今回は完全ノーマークの楽逃げの可能性秘めるマイネルハニーも薄く拾う。


◎マウントロブソン

○サトノダイヤモンド

△リオンディーズ、プロディガルサン、マイネルハニー


ウマニティ




大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

サトノダイヤモンド【ダービー2016出走予定馬】

■2015/11/8新馬戦6番1人気1着

0.4差2着は次走未勝利抜け、福寿草特別1着ロイカバード
0.8差3着は次走ノガロの0.6差2着ダノンアローダ
1.7差5着ロードヴァンドールは次次走未勝利抜け、福寿草特別でロイカバードの0.1差3着

つえええ。好スタートからそのまま番手を追走。なるべくハナにたたないように進めて、直線内にいたロイカバードを意識しつつ自分の進路のみを確保し、ロイカバードの仕掛けどころを遅らせてからスパート。騎手も明らかに地力上位を認識していて完勝としていい。2着以下も500万下でそこそこやれているメンツなので、最低でも500万下クラストップの地力保持は明白。

レース後コメント
1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
「とてもいい馬です。いいスタートを切りました。最初はすごくいいスピードを見せてくれました。道中はリラックスして走って、向正面から他馬のプレッシャーを受けましたが、直線ではパワフルに大きなストライドで伸びました。距離は2000mがピッタリですが、2400mも問題ないでしょう。いい馬の持っているものをすべて持っている馬です」
【メイクデビュー】(京都5R、6R)~サトノダイヤモンド、ミキノヘラクレスが勝利 - netkeiba.com

人気ブログランキング

■2015/12/26500万下11番1人気1着

0.6差2着クィーンズベストは黄菊賞でホープフル3着バティスティーニから0.8差
0.6差3着は京成杯8着ナムラシングン

スタート後に意図的に下げて中団外目追走の形から4角外を回してという前回と違うレースを試しつつも完勝。前走よりも相手のレベルがあがっていないので、前走で示した地力評価をあげることはできないが、まあ強いなと。

レース後コメント
1着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)
「とても乗りやすい馬で、2度目のレースでもテンションが上がるようなところはありませんでした。今日はスタートこそ速くありませんでしたが、後方の位置でリラックスして走って、直線では簡単に先頭に立つことができました。エンジンが違います」
【2歳500万下】(阪神7R)~サトノダイヤモンドが人気に応えて快勝 - netkeiba.com

阪神7Rの2歳500万下は、1番人気のサトノダイヤモンド(牡2=池江、父ディープインパクト)が中団からメンバー最速の上がり3F33秒9を繰り出し、馬場のど真ん中を突き刺した。ルメールは「道中はリラックスしていたし直線もイージー。エンジンが違う。クラシッククラス!」と絶賛した。
【阪神7R】サトノダイヤモンド圧勝、ルメール「クラシッククラス!」 ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

人気ブログランキング

■2016/2/7きさらぎ賞9番1人気1着

0.6差2着シクラメン賞1着レプランシュ
0.6差3着福寿草1着ロイカバード

スタートよかったが、行きたい馬には行かせて中団外目追走。4角には前を捕らえられる位置につけておき、直線半ばから一気に突き抜けた。

イヤー強い。騎手が明らかに他馬より地力上位を確信している乗り方で、最初から最後まで無理していないようにみえる。
ここは落としてもよしというレースではなかったとはいえ、この地力差であれば次をみた調整でも問題なかっただろうはずで、ちょっとここより悪い状態で皐月賞、ということはなさそうだな。。

レース後コメント
1着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)
「ポテンシャルの高い馬でレースごとによくなっています。1回だけムチを使いましたが、必要なかったですね。今日はいいペースで流れてくれて、リラックスして走れました。4コーナーからの反応がよく、最後のスピードはすごいものがありました。力はすでにGIレベルです。距離が延びてもまったく問題ありません」
(池江泰寿調教師)
「強かったですね。懸念事項を全部クリアしてくれましたし、使ってよかったです。この時期であれだけまっすぐ走れる馬はめずらしいですね。本当に優等生で、メジロマックイーンのようなタイプでしょう。今日も余裕がありましたし、体幹もしっかりしています。このあとは来週にノーザンファームしがらきへ放牧に出して、皐月賞へ直行するか1走挟むかは様子をみて決めようと思います」
【きさらぎ賞】(京都)~サトノダイヤモンドが3馬身半差でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

 クラシックに向けて落とせない一戦。「あえて硬い馬場を経験させるために京都を選んだ」と参戦の意図を明かしたトレーナーには、どんな条件下でも動じない走りを見せてほしい思いがある。主戦のルメールも「GIIIを勝ってGIだね。ステップ・バイ・ステップ(一歩一歩前進)。自信があるよ」と期待度はマックスだ。
サトノダイヤモンドの主戦ルメールも期待度マックス「自信があるよ」/きさらぎ賞 - netkeiba.com
サトノダイヤモンド鞍上ルメール「とてもいい体をしているし、メンタルも強い」/きさらぎ賞 - netkeiba.com
【きさらぎ賞】栗東レポート~サトノダイヤモンド - netkeiba.com

◇皐月賞
『正直ちょっと逆らえない。というより、逆らう要素が全くないレースに今回のきさらぎ賞はなってしまったといった感じ。もまれてもまれての競馬をしていないし、オープンクラス通用実績があるメンツとは間接的にも戦っていないのが穴かと思うが、この馬を避けてか少頭数でかつオープンクラスでそこそこ戦った馬の出走もない。新馬戦でくだしたロイカバードとの力関係がどうかだが、ロイカバードが力を出せない形にもっていった騎手のうまさは当然あったものの、それを加味しても格付けは済んだかなという印象。なによりサトノダイヤモンドの新馬戦はそれほど調教もやってないと陣営が表明するなかでのものだった。
もちろん馬場に対する適性があって、良馬場ならというコメントからも逆転の目が全くないとは思わないが、現段階では上にはとりづらいと思う。断トツ1人気濃厚だろうが、どうにもならんかなと。
騎手からダービーを意識したコメントが早い段階から出るのも納得。』

前走時の予想だが、ここでも特に変わらず。もまれてもまれてのレースはしていないし、オープンクラス通用実績があるメンツとは間接的にも戦っていないのも変わらない。
この手の人気馬は勝ちに目が向いて正当な評価がなされず過剰な人気になることが多いので、基本は買いたくないのだが、この馬に限っては、勝ち方が超楽勝でまだ最初から最後まで本気で走ったことがないし、マカヒキにも乗った騎手にドゥラメンテ級といわれてはどうしようもない。
1人気はこの馬なのかな。買いづらいレースだなあ。
この馬を見ていると、このレースは大振りしてあたれば大きく、はずしてもすっきりの選択をするしかないかなとさえ思ってしまう。

■2016/4/17皐月賞11番1人気3着

0.4差1着ディーマジェスティ
0.2差2着マカヒキ

普通にスタートし、予定通り中団外目追走。4角前から外から前を意識して位置取りをあげていき、直線では番手集団に。直線先頭に立たないように外からの馬も意識しつつしかけるが、勝負所で不利ありの3着。

不利は痛かったので、ただ力負けだとは思わない。ダービーを狙いつつの皐月賞と陣営が明言している中でも地力が高い馬の王道の勝ち方を目指したレース運びをしてきたことからも騎手のこの馬への相当な信頼が見えたのは事実。ただ、同様の条件でもう一度スタートからやり直しても、人気馬+ディーマジェスティどれかには負けそうな内容ではあったと思う。状態上げてきてどうなるかといったところか。

レース後コメント
3着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
「すごくいい感じでした。ただ、久々の分があったのかもしれません。4コーナーの反応は良かったのですが、坂を上がったところで疲れてしまいました。でもダービーではもっと良くなると思います」
【皐月賞】(中山)~ディーマジェスティが3強撃破しGI初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

◇ダービー
ダービー仕様明言の皐月賞も、王道の競馬に徹底してかつきちんと勝ちを獲りに来た内容は十分に評価していい。
枠も悪くないし、今回も同様の競馬をして大丈夫かなと思う。早めに仕掛けてのレースをしてくると思うし、大敗しないタイプのレース運びができる馬なので、無視は難しいかな。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)
続きを読む

リオンディーズ【ダービー2016出走予定馬】

■2015/11/22新馬戦15番1人気1着

0.2差2着は次走未勝利抜け、シンザン記念1人気1.4差14着ピースマインド
0.7差3着は次走未勝利抜け、梅花賞1人気1着アドマイヤダイオウ

もっさりとスタートし馬なりで走らせ中団外追走。ただ終始かかっていておさえておさえての追走になった。ペースがあがったところにも普通に対応し、位置をあげながら4角。4角で若干膨らむが持ち直して直線スパートやたら騎手のアクションが大きいのは気になるが先頭に立ってからはほぼ流しての完勝。
まさに完勝。くだした2、3着馬が次走未勝利戦を完勝即抜けしていることからも、新馬戦としてのメンツレベルは高い中での完勝は評価高い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(岩田騎手)
「兄(エピファネイア)と同じようにいいモノを持っています。今日は早めに追い出して行きましたが、その必要はありませんでした。最後は流す余裕もありました」
【メイクデビュー】(京都5R)~良血リオンディーズが勝利 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2015/12/20朝日杯15番2人気1着

0.1差2着はエアスピネル
0.8差3着は京王杯3着シャドウアプローチ
0.8差4着は京成杯4人気6着ユウチェンジ

何度見てもすごすぎるのひと言。
再度の15番枠から若干出負けして最後方追走。あせらず後方で我慢。ペースが緩んで馬群が詰まる形になったので外々を回して直線も外で進路確保のみを意識。スパートすると一気に2番手まで抜け出し、ラスト先にでていたエアスピネルに競り勝った。

出走馬の3着以下が共同通信杯あるものの今年の京成杯&アーリントンカップで馬券に絡めていない状況。
着差はそこまでではなかったが、相手関係的にはどうだろう、という難癖がつけづらいくらい上位2頭は別次元の印象。
上位2頭の比較になるが、武騎手も完敗のコメントを出しているし、こちらを上にとりたくはなるが、リオンディーズの方がレースの形としては恵まれていたのは間違いなく、勝負付けは済んだと断定するのはまだ早い。

レース後コメント
1着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「とにかくいい馬で、パワー豊かな馬です。トビが大きく、スピードもあります。2000mの新馬戦に乗った岩田騎手からはとても強い馬と聞いていました。直線で外に出したらいい脚でしたが、武豊騎手の馬が前にいましたから、少しヒヤヒヤしました。とにかく先々が楽しみです。かからないので2000mは大丈夫。2400mは......がんばります(笑)」
(角居勝彦調教師)
「嬉しいです。びっくりしています。勝手に前向きに走る馬なので、できるだけなだめるようにとジョッキーには言いました。ジョッキーも返し馬で感触をつかんでいただろうと思います。2戦目なので、変なクセがつかなければいいと思っていましたが、しっかり乗ってくれました。たくさん競馬をしてきた馬との戦いなので、どれだけ伸びるのかと見ていました。直線では交わせるかわかりませんでしたが、ミルコの名前を叫んでいました。お母さんからは前向きで、高い能力を受け継いでいます。今後は放牧に出して、馬の様子を見ながら考えたいと思います。母も兄もたくさんの方に応援してもらいました。この馬もこんなに早くタイトルをとるとは思いませんでした。乗り役の言うことをよくきく馬になってほしいです」
【朝日杯FS】(阪神)~リオンディーズが直線一気でV | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【朝日杯FS】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

人気ブログランキング

■2016/3/6弥生賞10番1人気2着

1着マカヒキ
3着エアスピネル

普通にゲートでたが、外枠でかつダッシュ力なく後方からと思いきや、かかって一気に前にあがっていき、4番手中目追走。途中内に入れるが、早めに前が下がってきたので差がつまり外に出す。直線入り口仕掛けて一気に前に出す。かなり余裕がある抜け出しに見えたが、外からあがってきたマカヒキに最後につかまった。

前哨戦としてはまったく問題ないレースだったと思う。かかったとはいえ、無理におさえることはしなかったし、結果的に好位からの競馬をしてマカヒキの脚を測れた。ここに向けてベストを持ってくる必要が皆無の立場だったので、この敗戦はむしろプラスしかないように思う。

レース後コメント
2着 リオンディーズ(M.デムーロ騎手)
「少し元気すぎました。1コーナーまでかかって、一旦落ち着きましたが、またかかりました。それでも3~4コーナーはいい手応えで回ってきました。ちょっと早く先頭に立ってしまい、物見をしていました。まだよくなりそうだし、本番で巻き返したいです」
(角居勝彦調教師)
「休み明けのレースで、多少テンションの高いところを見せることは想定の範囲内でした。ああいったレースをしないと本番にはつながりませんからね」
【弥生賞】(中山)~マカヒキが無傷の3連勝で重賞初V | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

【弥生賞】栗東レポート~リオンディーズ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
「折り合いは心配なさそう。ミルコ(デムーロ)がこの時期でこんな力強い馬は乗ったことがない、と言ってました」と岸本助手も絶好の感触だ。
 主戦、陣営ともに「まだ緩い」と途上を強調するが、その状態でデビュー2戦目のG1を勝つのだから末恐ろしい。「まだ2走目。あそこまでとは思わなかった。距離は問題ないよ」。
【報知杯弥生賞】リオンディーズ、無傷の3連勝へミルコも太鼓判の動き : スポーツ報知

人気ブログランキング

◇皐月賞
まあ、強いよね。強すぎるよねと。
デムーロ絶賛もわかるよねと。
唯一の敗戦となった前走も全くマイナス点がないと思う。今回も陣営は好位からの競馬を示唆しており、まさに仮想皐月賞だったとしていい。前が貧弱だった前走よりここの方が走りやすいだろうし、前走でマカヒキの脚は測れただろうし、前哨戦仕様を明言していた前走より状態は上向きだろうし、ひとまず前走より評価を落とす要素はないと思う。
問題はゲートがあまりよくなく、スタート後のダッシュ力がないこと。思い描いた位置を取れない可能性は十二分にある。まあそれでも対応できそうな幅の広さはみせているし、1番人気濃厚とはいえ、無視はできないかな。

■2016/4/17皐月賞16番2人気5着

0.5差1着ディーマジェスティ
0.3差2着マカヒキ
0.1差3着サトノダイヤモンド

スタート良く前に出して2番手追走。ハイペースで流れて、3角では逃げ馬が失速したので、外からかわし早い段階でハナに立つことを強いられる。内を回して直線半ばまでは先頭を保つが、最後差された形。

弥生賞を活かした騎乗ではあったし、勝ちを見てのレースとして位置取りそのものはベストだったと思うので、敗因は素直に予定外のハイペース番手追走になり、先頭に思いのほか早くたつことになってしまったことでいいと思う。それでの4着入線は強さは十分に見せている。

人気ブログランキング

◇ダービー
皐月賞を終えても、特にこの馬の地力は疑えない。ハイペースを早くハナにたって引っ張る形になってしまった中それで掲示板は地力の証明。
中山2000の外枠で前に出したということだったが、さあ今回はどうするか。前走時は好位での競馬を戦前から示唆していたが、今回は全く示しておらず、前走後調教師が前に行ってしまったという発言をしていることからも、中山→東京替わりのここではおそらくそこまで前には出さないだろう。中団追走から早めに仕掛ける形かな。
正直、どうなっても勝負にはかかわりそうで無視できる馬ではないかな。





大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~


【出走馬を6頭に絞る★KLANプレミアム


『スゴウマROBOT Z(ゼット)』


ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き


最高12億円!競輪ランダム7重勝単勝式開始!【オッズパークLOTO】


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」


本物の出会い!ハッピーメール(18禁)
続きを読む
最新トラックバック
最新コメント